メールで相談する 0120-517-012

解決事例

その他の相続手続き

【60代 女性 解決費⇒約5万円】基礎控除で相続税を納税しなかった事例

ご相談内容

ご相談者様のご主人様が他界されました。相続人はご相談者様とお子様3名です。遺産としては、預貯金と生命保険金、不動産で構成されており、総遺産額は6,800万円ほどでした。

ご提案と解決まで

相続税の対象となる可能性がありましたので、税理士に相続税の算定を依頼しました。

遺産の詳細としては、現預金が1,700万円、生命保険金が4,100万円、不動産が1,000万円です。
基礎控除を計算すると、3000万円+(600万円×4名)=5,400万円
さらに、生命保険金の非課税枠として、500万円×4名=2,000万円

非課税の総額が7,400万円となり、相続税の納税は不要と判明いたしました。

結果

相続税の納税が不要と判明したので、相続税申告の手続きは行わず、預金解約と不動産の名義変更を行って、無事に相続手続きが完了しました。

解決事例TOP