メールで相談する 0120-517-012

相続コラム

福岡県で行政書士を探す方法|選び方や依頼できる相談分野を紹介

福岡県にはたくさんの行政書士事務所があるため、いざ行政書士への依頼が必要になったとき、どの事務所へ依頼すればよいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

この記事では行政書士の事務所選びのポイントや依頼できる分野を解説します。福岡県で行政書士を探している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

福岡県で行政書士に依頼するときに事務所を選ぶポイント

行政書士選びは料金が安ければよいというわけではありません。

費用だけで行政書士を選んでしまうと、手続きに余計な時間や労力がかかることがあるため、これからご紹介する3つのポイントを総合的に考慮して依頼する事務所を選びましょう。

依頼したい分野を扱っているか

行政書士の仕事は多岐にわたるため、ご自身の依頼分野をその事務所が扱っているかどうかを確かめる必要があります。専門としている分野を絞っている事務所もあります。

例えば「相続に関する申請や手続きの案件は受けているが、法人に関する書類作成は行っていない」という事務所や「不動産投資や個人事業主のキャッシュフローのアドバイスは取り扱っているが、権利関係は時間がかかるため行っていない」という事務所も存在します。

事務所が扱っている案件は、ホームページで確認できるので、相談前にインターネットで検索をしてみてください。

無料相談を実施しているか

行政書士事務所の中には無料相談を実施している所が多いです。30分〜1時間、無料で依頼内容や今後の見通しなどを相談できます。無料相談をすることによって、その行政書士事務所に依頼したほうがよいか確認できます。

例えば、行政書士に依頼しなくても、自身ひとりで書類を作成できるものや、法務局の窓口で手続きが済むものもあります。無料相談の時間内であれば、不明点を教えてくれるため、その後依頼すべきか検討するほうがよいでしょう。

料金を比較する

ホームページに料金が掲載されている事務所が多く、費用の見通しが立てられます。いくつかの事務所の料金を比較するとおよその相場がわかります。

ただし、依頼前にはきちんと費用の見通しを立てておいたほうがよいので、無料相談や電話問い合わせで見積もりを聞いておきましょう。

福岡県行政書士会に加盟しているか

行政書士として事務所を構えるためには、行政書士会という団体に加盟していなければなりません。福岡県には「福岡県行政書士会」があり、福岡県の行政書士はこれに加盟しています。

現代ではめったにありませんが、過去には行政書士の資格を持たない人が書類作成を行い、行政書士法19条違反で100万円の罰則が科せられた事件がありました。怪しげな業者に遭った場合は、福岡県行政書士会に登録されているか調べてみてください。

詳しく知りたい方は福岡県行政書士会のサイトを確認してください。

行政書士とは|行政書士の業務一覧

そもそも行政書士にはどのような業務があるのでしょうか。行政書士の主な業務内容を3つ紹介します。

官公署に提出する書類の作成・相談・手続き代行

行政書士は総務省|行政書士制度にて下記の通りに定義されています。

(1) 官公署に提出する書類(電磁的記録を含む。以下同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること
(2) 官公署に提出する書類について、その提出の手続及び当該官公署に提出する許認可等に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続その他の意見陳述のための手続において当該官公署に対してする行為(弁護士法第72条に規定する法律事件に関する法律事務に該当するものを除く)について代理すること
(3) 行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する行政庁に対する不服申立ての手続について代理し、及びその手続について官公署に提出する書類を作成すること
(4) 契約その他に関する書類を代理人として作成すること
(5) 行政書士が作成することができる書類の作成について相談に応ずること

具体的には下記のような内容が挙げられます。

  • 土地の利用に関する申請書の作成
  • 法人設立に関する申請書の作成及び手続き代行
  • 自動車の名義変更に申請など

行政書士は官公署と申請者(個人・法人)をつなぐパイプ役のような役割をしています。

権利義務に関する書類の作成・代理・相談

行政書士は権利義務関係に関する書類の作成や代理、相談を行います。具体的には下記のような手続きが必要なときに依頼することがあります。

  • 相続時における遺産分割協議書の作成代行
  • 不動産や権利に関する各種契約書の作成
  • 示談書の作成

官公署以外にも個人間、法人間での契約書の作成や代理、相談なども行います。

事実証明に関する書類の作成・代理・相談

事実証明に関する書類の作成・代理・相談は主に下記の項目です。

  • 会計帳簿の作成
  • 貸借対照表の作成
  • 損益計算書の作成

企業や個人、不動産などの収支をもとに、毎月の借入や返済を含めた収益の対比表などを作成することも行政書士の仕事のひとつです。

まとめ:福岡で行政書士をお探しならみつ葉グループにお問い合わせを

今回は、行政書士の選び方や依頼分野を解説しました。行政書士の主な仕事内容は官公署へ提出する書類の作成や手続き代行、権利関係の申請代行などです。

行政書士に依頼するときは、事務所が扱っている案件と費用を確認してください。怪しげな業者がいた場合は、福岡県行政書士会に登録されている行政書士かどうか確かめてみましょう。

みつ葉グループは天神ビジネスセンターに事務所があります。行政書士のサポートが必要なときは、一度お問い合わせください。

相続コラムTOP